営業的な仕事では無く開発職に専念したいSEには、人材派遣のIT系の求人で働くことをオススメします。

開発職のSEとPM 専門知識が活かせるIT求人
開発職のSEとPM 専門知識が活かせるIT求人

開発職に専念したいSEには人材派遣のIT系の求人がオススメ

IT業界で働くシステムエンジニアは、大きく分けると二つのタイプがあります。
一つは、優秀な営業マンも一目置くほどユーザーと話しをすることが得意で、とにかく人と関わって楽しく仕事をするのが大好きと考えているタイプ、もう一つは、同業者とは専門用語を駆使して理路整然と話をするが、ユーザーなどの一般の人と話をすことが非常に苦手で、営業的な仕事をするよりも一人でコツコツと開発職に専念したいと願っているタイプです。
人と話すのが得意な優秀な営業マン顔負けのシステムエンジニアの場合には、今の時代にIT業界から求められているシステムエンジニアの理想の姿であり、会社に属する正社員の立場としてシステムエンジニアの役割を果たして行けるタイプと言えるのですが、ユーザーと話をするのが苦手なタイプの場合には、会社に残ったとしても自分の思い描く理想とのギャップにストレスを感じるようになり、転職を考えてしまうようになってしまうこともあるのです。

しかし、もともと、システムエンジニアは開発職なのですから、以前はユーザーとのコミュニケーションや、プレゼンなどは営業の役目で、システムエンジニアは特に営業的な要素は求められることは無く、それがシステムエンジニアとしてのスタイルだったのです。
つまり、時代の変化と共にシステムエンジニアの果たす役割が大きく変わってしまったわけですが、営業的な仕事が苦手で開発職に専念したいと考えているシステムエンジニアの場合には、人材派遣会社のIT系の求人を利用してシステムエンジニアとして働く方法がオススメです。

派遣のシステムエンジニアであれば、仕事の内容を自分で選ぶことが出来ますので、純粋に開発職としての仕事を選ぶことも出来るのです。
今の時代は、営業的仕事が苦手という事でレッテルを貼られてしまいがちですが、こういったタイプはシステム設計やデーターベース設計などの開発や、システム分析力に優れている人が多く、人材派遣で水を得た魚のように本来の実力を発揮し、企業に貢献している人はとても多いのです。